超大型3Dテレビ~いったいどんな感じ?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

超大型3Dテレビをパナソニックが発売する。その画面サイズは103型。
テレビの画面サイズの表示だが、対角線の長さで表示します。たとえば、40型と言うのは、対角線の長さが40インチの画面を持つということ。つまり、対角線の長さが、40X2.52cm=約108cmということ。103型だと、対角線が103X2.52cm=約2m60cm。現在のテレビ画面は、縦と横が9:16なので、三平方の定理(懐かしい!中学3年生の数学!)で割り出すと、概算で縦約125cmと言ったところか?
この巨大画面3Dテレビ、受注生産で、850万円するらしい。だいたい、この大きさの画面で、テレビを快適に視聴するには、正方形だと、約30畳のリビングが必要だろうし、それでも、壁際にテレビを置いて、反対側の壁に背を着けなければならないだろう。
850万円という値段を考えると、30畳のリビングやAVルームを持っている人しか買えないから、それでもOKなのかなぁ?