ことわざの一部を海老蔵にすると?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「海老蔵のふり見て我がふり直せ」
「うそつきは海老蔵のはじまり」
「泣きっ面の海老蔵」
「海老蔵も歩けば棒に当たる」
「海老蔵の目にも涙」
「海老蔵も舞台から落ちる」
「海老蔵のたんこぶ」
「海老蔵の顔も三度まで」
「驕る海老蔵は久しからず」
「海老蔵の川流れ」
「桃栗三年海老蔵無期限」
「捨てる信頼あれば拾う真央あり」
「出る海老蔵は打たれる」
「海老蔵ケンカは犬も食わぬ」
「一寸先は海老蔵」
「可愛い海老蔵には謝罪をさせろ」
「失敗は海老蔵の母」
「海老蔵の耳に念仏」
「海老蔵から出たサビ」
「濡れ手に麻央」
「嘘から出た海老蔵」

よくもまぁ、こんなに出たものだ。
しかし、元来、歌舞伎と言うのは大衆芸能。酒癖の悪い、お調子者の役者が、喧嘩して締められただけではないか?そんなに大きなニュースかなぁ?役者なんだから、芸事に精進すれば、それで許してやってもいいのにと思う今日この頃。