マイケル・ジャクソンの母親が証言「顔の美容外科手術中毒だった」

真偽のほどはわからないが、たくさんのニュースソースによると、題目のとおりらしい。

一部で当時、取り沙汰されていたことは、

今から10年ほど前、マイケルは鼻の手術に執着していた。
しかし、ある一定の手術成果が出た頃から、彼はいろんな美容外科医に、鼻の手術を断られるようになっていった。理由は、既に彼は何度も鼻の手術を繰り返しており、そのため、鼻の軟骨や皮膚には、手術によるダメージが蓄積されていたためである。

しかし、彼は諦めず、いろんな美容外科医をショッピングする。そしてついに、再び彼の鼻を手術してくれる医師に出会う。彼の鼻には、巨大なシリコンプロテーゼが挿入された。

しかし、すでに多数の手術を繰り返していた彼の鼻の皮膚は、プロテーゼの圧力に耐えきれずに、感染・露出と言う結果に。当然、プロテーゼは抜去され、破壊された鼻の軟骨と皮膚だけが残った。

「足るを知る」とは、幸福への近道。専門家のアドバイスの上で、「やらないほうがいい」とされたら、「足るを知る」べき機会だと思ったほうが良い。