ベーコンの香りで・・・・・。

食べ物ではないのだが、その関連ネタです。
食べ物については、アメリカ人はやることが半端じゃないのは、これまでもいろんな食べ物ネタが、アメリカ発なのを見ても、十分に納得できると思います。そして、この「ベーコン」に対するネタも、やはり半端じゃないことです。

何と、ベーコンの香りがするロウソクだそうです。 これまで、ロウソクと言えば、いわゆるアロマとして、花や草木などの香りをつけたものが主流で、食べ物の場合には、フルーツ止まりでした。たしかに、ベーコンは、桜のチップで燻蒸した、いわゆる燻製なので、桜のチップのいい香りは含まれているはずです。しかし、この香りがポークの油の香りと一緒になったのが、ベーコンの香りなのです。
このロウソク、実際にベーコンを焼いて、出てきた油を原料の一つとしているらしいので、部屋の中で火をつけると、部屋中ベーコンの香りで満たされると言う代物。結構、売れていると言うから、恐ろしい気がします。そのうち、ベーコンの香りのオーデコロンや、トイレ用芳香剤なんてのも発売されるのではないでしょうか?アメリカは、結構、奥が深い文化を作りだそうとしているかもしれません。